埼玉 彩湖・道満グリーンパークの猫たち

シェアする

スポンサーリンク

彩湖・道満グリーンパークの猫たち

さくら猫事業

埼玉県戸田市の市営公園「彩湖・道満グリーンパーク」は、荒川の河川敷につくられた調整池「彩湖」に沿って広がる公園です。

saiko-park016

捨て猫が多く、数年前には100匹を超える野良猫が生息していました。平成25年に、不幸な猫を増やさないための不妊手術事業「さくらねこ無料不妊手術事業」が実施され、ほぼ全頭の避妊手術が完了しています。

彩湖・道満グリーンパーク 平成25年度さくらねこ無料不妊手術事業 報告書

この報告書によると、平成25年末頃に公園内にいた野良猫は108匹。広い公園ですが、これだけいるとかなり猫だらけの印象になるでしょう。来園者からの苦情が多かったことが想像されます。猫嫌いの人も多いですからね。

猫を探しに公園へ

先日の日曜日、彩湖・道満グリーンパークの猫に会いに公園まで行ってみました。わたしが会った猫は20匹くらい。平成25年初めに108匹いたとのことですが、野良猫の平均寿命は4年程度と言われていますから、繁殖がなければ自然減ですでに半数以下になっているはずです。もしかしたら、この20匹程度が現在ここにいる猫のほとんどなのかも知れません。

彩湖・道満グリーンパークは広大な公園ですが、猫がいる場所は限られます。ボランティアの方が世話をしに訪れるエリアに集中して生息しています。下の地図上に猫マーキングをしたあたりです。一番多いのは「北駐車場」。そこからピクニック広場にかけての緑地に、ぱらぱらと分布しています。

saiko-map

彩湖・道満グリーンパークの猫たち

北駐車場には、猫特有の間隔をおいて、10匹程度の猫がいました。

saiko-park012

こんな感じで。

saiko-park021

栄養状態は良好のようです。でも、これからの冬で、またかなり頭数が減りそうです。

saiko-park013

saiko-park014

saiko-park019

公園内の道路にも。

saiko-park020

見事な尻尾の持ち主。

saiko-park015

森の中にも。

saiko-park009

基本的には野良猫なので人が近づくと逃げますが、なかには、

「あ~この子はもと飼い猫だなあ、たぶん」

と思わせる人懐っこい子もいます。捨てられたんでしょうね。捨て猫は、動物愛護法に違反する犯罪です。前科が付きますからね。やめましょうね。

片方の耳に切りこみが入っているのは、避妊済み猫のしるしです。この形がさくらの花弁に似ていることから「さくら猫」と呼ばれます。

saiko-park011

saiko-park017

テニスコートの先ピクニック広場の木の周りにも、数匹の群れ。

saiko-park004

saiko-park008

saiko-park006

仲が良いみたいです。

saiko-park005

saiko-park007

彩湖・道満グリーンパークへの行き方

彩湖・道満グリーンパークへは、武蔵浦和駅(埼京線、武蔵野線)から国際興行バスの路線バス「下笹目」行きに乗ります。片道210円。1時間に3本あるので、アクセスはまあまあよいです。時刻表はこちら

saiko-park001

彩湖・道満グリーンパークというバス停でおりて、徒歩3分程度で公園です。

saiko-park002

または、成増駅(東武東上線、地下鉄有楽町線)の東口からバスで終点の「下笹目」まで行き、武蔵浦和駅行きのバス(上に紹介したバスの逆ルート)に乗り換える行き方もあります。

公園内には広い芝生があり、テントやレジャーシートを広げる家族連れが多いです。

saiko-park003

野球場やテニス場では子どもたちが元気に動いています。犬の散歩をする人も多数。自動車でここまで連れてきて、公園内を散歩させています。スポーツ用の自転車の練習や、ランニングをする人も多いです。

開園時間は、7:30分から18時30分まで。ただし冬季(11月から3月)は17時30分に閉園します。

駐車場は1000台分以上ありますが、有料です。料金表はこちら。園内には飲み物の自動販売機や売店はありますが、ちゃんとしたレストラン等はありません。バス停の近くにセブンイレブンが一件あります。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク