猫よけグッズ – ペットボトルは効果なし。野良猫を優しく追い払う方法。

シェアする

スポンサーリンク

わたしは猫が好きですが、猫嫌いの方がたくさんいらっしゃることは知っています。道路や庭先で野良猫を見かけただけで嫌な気分になる人だっていますよね。

夜中にさわぐし。

庭におしっこするし、

生ゴミ荒らすし。

嫌われるのは、猫にも責任があります。

世の中には、猫を追っ払う方法が俗説を含めいろいろ流布しているようです。効果があるもの、ないもの、いろいろです。

なかには、猫のエサに殺鼠剤を入れて街に撒く人もいるようです。でも、これだとなんとなく後味が悪くありませんか?

猫嫌いの人がいることは理解できます。わたしが希望するのは、「猫が怪我しない方法で追っ払ってね」ということ。この記事はそんな趣旨で書いています。

猫に優しい猫よけの方法

猫よけペットボトルは効果なし

いつのまにか世間に広まった猫よけペットボトルは、まったく効果がないことが判明しています。猫はそのペットボトルを踏んづけて通っていきます。

??????

かつて日本のテレビは、

「猫はキラキラ光るものを嫌がるので、ペットボトルに水を入れて並べておくと寄り付かない」

という説をさかんに流布していました。

しかし、キラキラ光るものを怖がる猫なんて、わたしは見たことがありません。たとえば、わたしが猫島を散策するときは、ミネラルウォーターのペットボトルを持って歩きます。

天気がよければ、透明な水がゆれてキラキラします。でも、逃げていく猫なんて一匹もいません。

猫を飼ったことがある人なら直感的にわかることですが、猫はペットボトルなんて「そもそも意識しません」。石ころ程度にしか思っていません。

また、仮に多少の効果があるとしても、日光が当たらない夜や曇りの日には効きません。日本の年間平均日照時間は1,978時間。1年は8,760時間ですから、1年のうち「ペットボトルの水に日光があたってキラキラ」するのは時間にして2割程度。1年のうち8割は機能しないことになります。

猫よけペットボトルは、単なる都市伝説です。

毒エサを撒くのは犯罪行為です

猫嫌いが昂じて殺鼠剤入りのエサを置く人がいるようです。でも、猫を毒殺するのは犯罪行為なんです。相手が野良猫でも同じです。

野良猫を含め、猫を殺傷すると、動物愛護法違反で二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金。結構重いです。

さらに、他人の飼い猫を殺傷すると、刑法上の器物損壊罪になり、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金です。

それだけのリスクを犯して猫を殺傷しても、次の猫がまたやってくれば同じこと。状況は改善しません。

猫を追い払いたいなら、もっと効果的で、しかも効果が継続する方法がちゃんとあります。

超音波発生装置

猫には人間には聴こえない高い周波数の音(超音波)が聴こえます。いわゆる「モスキート音」のさらに周波数が高いものです。人間には何も聞こえませんが、猫はこの音を耳障りと感じます。

超音波を利用した猫よけ機器が沢山販売されています。赤外線センサーで猫の接近を感知すると、猫が嫌う周波数の超音波を放射します。これなら猫を傷付けることなく、野良猫を優しく追っ払えます。

sl1500_

防水なので庭に設置できます。単2乾電池4本で約4ヶ月間作動します。

猫よけなのに、あえて猫型に作ってあるのはなぜだろう。

by カエレバ

スプレー噴射で追い払う

フマキラーが販売している「猫まわれ右 びっくりスプレー」という商品があります。赤外線センサーで猫を感知すると、無害なスプレーを噴射して猫をびっくりさせるというアイデア商品です。Amazonのレビューによると、効果絶大だそうです。

by カエレバ

メーカー作成のプロモーションビデオはこちら。

これは効くかも。

猫が嫌う臭いで追っ払う

猫が嫌がる香りで追っ払う商品もあります。庭にまいて使います。人間にはシトラス系の微香が感じられるだけですが、猫はその臭いを嫌がって近寄らないとのことです。

by カエレバ

どうしてこんな普通の臭いを嫌がるのか不思議ですが、猫には猫の生理があります。

マタタビのどこがいいのか人間にはわからないように、猫よけ薬剤のどこが嫌なのか、人間にはわかりません。でも、とにかく猫は避けて通っていきます。

ただし、地面にまいた薬剤は雨が降れば流れてしまうので、持続期間は長くはありません。流れてしまえば、また撒く必要があります。

コストを考えると、超音波式のガーデンバリアや猫びっくりスプレーの方がよいようです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク