東京でいちばん猫が多い公園 – 大井ふ頭中央海浜公園

シェアする

スポンサーリンク

東京都品川区の大井ふ頭にある中央海浜公園は、野良猫が多いことで有名な猫スポットです。東京で一番猫が多い公園ともいわれます。夏の午後、炎天下に、猫を眺めに行ってきました。

大井ふ頭中央海浜公園

公園の地図と猫の出没場所

大井ふ頭中央海浜公園は、道を挟んで東西に分かれています。東側は陸上競技場や野球場がならぶスポーツ公園で、西側は森と林の海浜自然公園です。下の地図で言うと、上半分がスポーツ公園、下半分が海浜公園です。猫は公園の各所にいますが、三毛猫マークを張り付けた場所が、猫がとくに群れているエリアです。

ooihutou-park-cats

このうち特に猫が多いのは、第一競技場前のベンチのあたりと、ゲートボール場の裏から湾岸道路にかけてのエリアです。上の地図で言うと、左から2番目と3番目の三毛猫マークの場所です。

公園へのアクセスは、品川駅港南口、大井町駅、大森駅からバスで一本と便利です。バス停の名前と位置は上の地図を参照してください。東京モノレールの大井競馬場前駅からも徒歩数分です。

スポーツ公園の猫たち

JR品川駅からのバスを八潮南バス停(上図①)で降りて、前方に徒歩数分で公園に着きます。右側が海浜公園(なぎさの森)、左がスポーツ公園(スポーツの森)です。猫はどちらにもいますが、まずはスポーツ公園に入ってみます。

入口の広い階段を上ると、さっそくベンチに猫がいました。M.C.エッシャーのだまし絵のような光景で、一見、何匹いるかわかりませんが、よくみると五体満足な猫が4匹います。

ooihutochuo-park020

成猫2匹と子猫2匹。親子でしょうか。30度を超える猛暑の日にこんなにくっつくとは、仲がよろしいようで。

さらに公園内を歩きます。陸上競技場の前を右折し、大井スポーツセンターのビルの手前のあたりに屋根つきの休憩所があります。そのあたりに、十数匹の猫が集まっていました。

ooihutochuo-park018

なんだかもうリアル「ねこあつめ」状態です。

ooihutochuo-park022

子猫もいました。ここの猫は避妊手術をしてないらしく、子猫をよく見かけます。これだけたくさん子猫を見れる公園は、東京ではここだけかも知れない。

ooihutochuo-park033

公園内の通路をさらに進むと、野球場(C)の手前にまるまると太った猫が2匹。色は違うが、体型は同じです。

ooihutochuo-park017

そこを左折して直進すると、ドッグランとゲートボール場の先の公衆トイレ付近にも、十数匹の猫がいました。

ooihutochuo-park027-2

幽体離脱かと思った。

ooihuto-add007

ずっとくっついている2匹の猫。結構太ってますね、みんな。

ooihutochuo-park006

トイレの裏の林にもたくさんいます。

ooihutochuo-park010

こちらはまだ子猫です。好奇心旺盛で、そこらじゅう走り回っています。後ろにも一匹いますよ。

ooihutochuo-park023

クローンのようによく似た猫。ほとんど見分けがつかない3匹の茶トラ。

ooihutochuo-park015

いい顔をしてますね。

ooihutochuo-park014

なぎさの森の猫たち

道路を渡って、京浜運河沿いの海浜公園(なぎさの森公園)に入ってみます。新平和橋の手前の森のなかで、数匹の猫を見つけました。こうしてみると、野良猫というより野生猫と呼んだ方がぴったりくる雰囲気です。

ooihutochuo-park005

ooihutochuo-park029

公園管理事務所のとなりで寝ていた猫。

ooifuto201606016

一見、熟睡しているようですが、耳はちゃんとこちらを向いて、ぴくぴく動いています。

ooifuto201606018

誰かが猫のために置いてあげた発泡スチロールの箱のなかで、子猫が眠っていました。

ooihutochuo-park003

公園は京浜運河に面しています。釣り人が数人いました。京浜運河の水は海水なので、潮の香りがします。その運河を背景に、石のベンチで涼む黒猫です。

ooihutochuo-park001

子猫を見たいならおすすめの公園です

東京都立の大井ふ頭中央公園は、噂にたがわぬ猫が多い公園でした。ほんとうに東京で一番猫が多い公園かも知れません。

都会の公園としては珍しく、「猫の餌やり禁止」の看板を一枚も見かけませんでした。また、耳の先っぽに切り欠きのある猫、つまり愛護団体による去勢を受けた猫も一部のみでした。なので、公園内で勝手に繁殖しています。

今回たくさん見かけた子猫は、おそらく春の出産シーズンで生まれた子たち。次の出産のピークは秋です。

ここの公園は、猫を積極的に保護しているわけではないものの、餌やり禁止でもなく、猫に対しては放任の方針のようです。こういう公園は珍しいです。隣接する住宅地がないので、猫が多くても苦情がでないのかも知れませんね。

追記 再訪しました(2016年1月)

冬に再訪してみました。前回訪問時から約半年。分布場所は変っていましたが、あいかわらず多数の猫がいます。

スポーツ公園の猫たち

スポーツ公園正面入口の階段を上がったところに、ぱらぱらと猫がいます。この写真は全部で5匹。夕刻が迫っているので、ちょっと画面が暗いです。

ooifutou-park018

ooihuto-add004

この子は、夏に撮った写真でベンチに寝ていたキジ白です。おしっこ中です。おしっこ中の猫は、なぜか神妙な顔をしています。この表情が好きで、つい撮ってしまいます。

ooihuto-add006

この子も夏に見たような気がします。

ooifutou-park014

前回は見かけなかった長毛種の猫がいました。捨て猫でしょうか。

ooifutou-park002

この茶トラは、前回見かけた子猫が大きくなったのだと思われます。

ooifuto201606003

綺麗な整った顔立ちですね。

ooifuto201606002

なぎさの森の猫たち

なぎさの森も、あいかわらず猫多数。後ろにも2匹いますよ。

ooifutou-park009

ooifuto201606011

こちらは計5匹。このエリアは白系の猫が多いです。

ooifutou-park011

三毛猫発見。

ooifuto201606005

子猫たちが元気に遊んでいました。みんな仲よしです。

ooifutou-park010

森の猫たち。

ooifutou-park007

丸顔のサビ猫

ooifutou-park005

こちらは痩せたサビ猫。

ooifuto201606006

この2匹はとても仲が良いです。兄弟のように見えます。

ooihuto-add001

林の中に、傘がたくさん置いてあります。その下には発泡スチロールの白い箱が置いてあります。猫たちは、ここで雨をしのぎ、冬を越します。越せない子も、たぶんたくさんいます。

ooifuto201606015

ooifuto201606010

シェアする

フォローする

スポンサーリンク