名古屋港で出会った猫たち

シェアする

スポンサーリンク

名古屋の猫スポットとして有名な名古屋港を散策してきました。このあたりは、以前は猫を捨てる人が多かったため、野良猫になった多くの元飼い猫が暮らしています。

名古屋港の猫たち

名古屋港の広い範囲に、猫たちはパラパラと散って過ごしているようです。

出会った猫たち

この日に出会えたのは十数匹でした。まだ肌寒いですが、午後から陽が出て、猫たちは気持ちよさそうでした。

黒猫。

日本の野良猫のど定番であるキジ白が2匹と、そして白猫。仲良しです。

尻尾と耳のあたりに少しだけキジトラの入ったキジ白猫。こちらをちらっと見て、トコトコ走って行ってしまいました。

名古屋港の猫たちは、ものすごく人懐こいわけではありませんが、かといって特に警戒心が強いわけではなく、人間との関係はつかず離れず程度です。

人が近づいても気にせずに、こんな風にゴロゴロしている子もいます。

接近成功。やっぱりキジ白が多いです。

こういう風に、2匹のペアでいる猫が多かったです。手前のキジ白はまだ子猫の雰囲気が残っていて、1歳にもなっていない感じですね。

並んで尻尾を垂らす2匹。

耳の先がカットしてあるのは、不妊手術済みのマーキングです。これをやっておかないと、手術済みかどうかわからなくなります。

こちらは丸顔のキジトラ。冬なので鼻の頭が乾燥するのでしょうか。

きれいな淡い縞がでたサバ猫。

振り向くポーズは動きがあってかわいく見えますね。

上の猫に似ていますが、別猫です。少し吊り上がったアーモンド形の目が印象的なこの子。洋猫の血が入っているように見えます。

淡い色合いがきれいです。この子も耳がカットしてあります。不妊手術済みのマークです。

向かい合って鳴き声をあげるこの2匹は、仲が良いのか、威嚇しあっているのか、よくわかりませんでした。

ベンチの背もたれの一番上の角材で爪とぎするキジトラ。

ベンチの木はボロボロです。この子だけが原因ではないと思いますけど。

この「動物の遺棄・虐待は犯罪です」というポスターは、環境省と警察庁が作成したもので、全国の捨て猫が多い場所に掲示されています。そのポスターの支柱で爪とぎする捨てられた猫。

猫を捨てるのはやめましょうね。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク