真鍋島の旅行記(景色と猫たち)

シェアする

スポンサーリンク

真鍋島の景色と猫たち

真鍋島には2つの集落があります。猫はどちらの集落にもいるので、猫の島探訪が目的なら両方とも行ってみるべきです。2つの集落は徒歩で20分ほど離れています。

manabeshima021

笠岡や佐柳島から来るフェリーは、大きい方の集落(真鍋港)に着きます。予定では小さい方の集落(岩坪)まで徒歩で往復するつもりだったのですが、体調が限界で断念しました。疲れてはいませんが、日焼けがひどくて、ほとんどやけど状態。皮膚が痛くて直射日光下を歩くのはもう無理でした。

なので、この旅行記は半分未完成です。いつかもう一度真鍋島を訪問して、岩坪集落にも行ってみたいです。

真鍋島の景色

わたしは四国の香川県側から佐柳島を経由して真鍋島に渡りました。途中の旅程は別記事にまとめてあります。

瀬戸内海横断フェリーの旅

まもなく真鍋港に到着です。

manabeshima001

真鍋港の桟橋のスロープを登ると、先ほどまでいた佐柳島の鄙びた雰囲気とは違う、夏の観光地の景色が広がります。日焼けしたサンダル履きの若者の集団がぞろぞろ歩いています。

ざっくり言えば、平凡な海水浴場の雰囲気です。本州から直接来れる観光地って、こんなもんでしょうか。真鍋島で離島の雰囲気を味わいたいなら、海水浴シーズンを避けて訪問したほうがよさそうです。

港付近には自動販売機が数台あります。文明社会に戻ってきました。かき氷屋や民宿もあります。親子連れやカップルが賑やかです。

manabeshima037

さすがは猫の島とうべきか、かき氷屋のテーブルの上に、これでもかと言うほど猫よけのペットボトルが置いてあります。「ネコをのせないでください」の注意書きも。

manabeshima011

で、猫たちです。気温は35度で、みんなバテバテです。

manabeshima002

真鍋小学校・真鍋中学校

真鍋島の観光地といえば真鍋小学校と真鍋中学校。真鍋の集落は海沿いに始まり、山に向かって広がります。学校は、集落の奥、山沿いの高台に位置します。板壁に挟まれた集落の路地を通り、港から徒歩約5分で学校に到着です。

manabeshima008

昭和24年に建てられたこの木造校舎は、映画「瀬戸内少年野球団」(昭和59年)のロケ地にも使われました。無断立ち入り禁止の標識が立っていますが、校庭までは入っても大丈夫のようです。学校のホームページによると、現在の児童数は小中学校の全学年をあわせて12名。絵にかいたような離島の学校です。

manabeshima007

ここの二宮金次郎は、本を読んでおらず、なぜかカメラ目線です。歩きながら本を読むのは危険で良くないという理由で最近の小学校には二宮金次郎の銅像がないという話を聞いたことがありますが、もしかしたらそういう理由で前を向かせているんだろうか。

真鍋の集落

真鍋の集落は、山と海の間の狭い平地に、木造家屋が建て込んで並びます。集落の中心は港です。

manabeshima017

manabeshima030

板壁に挟まれた通路は、歩行者が通れる広さしかありません。

manabeshima004

港に近いところは、観光客のためか石畳で綺麗に舗装してありました。

manabeshima003

島の民宿はこんな感じ。家族連れが案内されて入っていきました。

manabeshima006

集落の中ほどに神社がありました。明治28年に建立された鳥居には、日清戦争の戦勝記念と書いてあります。明治28年(1895年)は日清戦争が終わった年です。自国の戦勝を素直に喜べるこういう時代もあったんですね。

manabeshima009

こちらは日露戦争の戦勝記念碑です。こちらは明治38年頃の建立でしょうか。

manabeshima005

真鍋島の猫達

炎天下、多くの猫はどこかに避難してしまっているらしく、それほど多数の猫には会えませんでした。それでも港の近くの路地に、集団でいる猫を発見。

manabeshima019

肘掛椅子に座る風情の猫。

manabeshima024

子猫もいました。トラのお母さんのお乳に群がる子どもの黒猫たち。猫の柄はこういう風に一見不思議な組み合わせがあるから面白いです。実は遺伝型を見ると不思議でもなんでもなくて、ちゃんと規則性があるんですけど。

manabeshima023

海を背景に昼寝する子猫。猫は涼しい場所を知っています。ここは見るからに涼しそうですね。

manabeshima018

猫よけペットボトルと猫。猫よけの効果がないことが一見して明らかなのに置いてあるのはどうして?

manabeshima029

くつしたネコ。

manabeshima025

普通、島に住む猫は、交配の範囲が狭いので同じような柄になりがちです。たとえば愛媛県の青島なら茶系とか、宮城県の田代島ならモノトーン系とか、佐柳島の本浦集落なら白系とか。

ところが、真鍋島の猫たちはずいぶんバラエティーに富んだ色柄をしていて、特定の傾向は感じられません。どうしてかな。もしかしたら本土からここまで猫を捨てに来る人がいるのかな。

manabeshima033

manabeshima031

manabeshima035

集落を散歩する猫。

manabeshima022

徒歩20分ほど離れた岩坪集落にも猫がいるらしいのですが、この時点でもうわたしは限界で、さらに炎天下を40分歩いて往復するのはとても無理でした。残念。ほんとうに残念です。

1時間ほどの滞在で、真鍋島を後にしました。

manabeshima036

真鍋島への行き方・アクセス

わたしは四国の香川県から佐柳島を経由して真鍋島に渡りましたが、より一般的な行き方は岡山県側からのアクセスです。

本州側から真鍋島にアクセスできるフェリーは、岡山県の笠岡から出ています。笠岡はJR山陽本線の駅で、岡山から頻繁に電車があります。

笠岡駅の構内にはカフェやコンビニがあり、食事や買い物に便利です。笠岡港付近には買い物できる場所はないので、島での食料などは駅構内のコンビニ(セブン-イレブン)で調達しておくことをおすすめします。飲み物は真鍋島に自販機があるので買わなくても大丈夫です。

笠岡駅から笠岡港への行き方

笠岡駅の改札は一箇所だけです。駅を出たら、右手の商店街を30メートルほど入ると、JRの線路をくぐるための地下道の入り口があります。

manabeshima016

地下道を進むと、笠岡港への案内標識があるので、指示どおりに進めば5分ほどでフェリー乗り場にでます。

manabeshima015

manabeshima013

真鍋島行きフェリーの乗り方

乗船するのは、三洋汽船の「笠岡・佐柳本浦航路」です。船の時刻表はこちらのサイトにあります。この時刻表では岩坪にも寄港することになっていますが、わたしが行ったときには航路が変更されており、岩坪には寄りませんでした。チケット窓口でよく確認されたほうがよいと思います。

普通と高速船の2種類がありますが、値段が倍近く違う割にそれほど高速なわけではないので、わたしは普通の船に乗りました。

チケットを買ったら、スロープを降りて船に乗ります。この写真の船が、まさに真鍋島に向かう船(普通船)です。途中いくつかの島を経由して終点が真鍋島です。

manabeshima014

夏休み期間中の土曜日でも座席に余裕がありましたから、混雑はそれほど心配しなくてよいように思います。

ぜひぜひ真鍋島へ行ってみてください。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク