地島(福岡県)

シェアする

スポンサーリンク

福岡県宗像市の地島は、隣の大島に比べるとひなびた島ですが、多くの猫が生息していることで知られる「猫の島」です。

地島の概要

概要

地島(じのしま)は、玄界灘と響灘の境目付近に浮かぶ島。産業は、漁業のほか、めかぶなどの海産物、島のツバキから取れる良質なツバキ油などが有名。釣り人が多く訪れる。

  • 所在地: 福岡県宗像市
  • 面積 : 1.57平方km(渋谷区と同じくらい)
  • 人口 : 約170人
  • 猫  : 多数

島には集落が2つあり(泊集落・豊岡集落)、県道で結ばれている。2つの集落は約2km離れており、徒歩約40分。

jinoshima-2-toho2

猫はどちらの集落にも多数。民家のまわりや、漁港付近が猫スポットになっている。

観光資源としては、高台をとおる「つばきロード」や沖ノ島展望台、倉瀬展望台など、玄界灘や響灘の景観を楽しむスポットが中心。

地島への行き方、アクセス

地島の2つの集落にそれぞれ港があり(泊港、白浜港)、宗像市の神湊港から市営渡船が就航している。なお、ネット上には鐘崎港から船が出ると記載されていることがあるが、現在は神湊港に変更されているので要注意

jinoshima-map2

西鉄バス

JR東郷駅から西鉄バスで神湊漁港へ。「神湊波止場」停留所で下車すると渡船の乗り場は目の前。

所要時間:約20分

時刻表:西鉄時刻表検索

togo-jinoshima-bus1

togo-jinoshima-bus2 togo-jinoshima-bus3

市営渡船

神湊漁港の桟橋から、市営渡船「ニューじのしま」で地島へ。

new-jinoshima

船は、最初に泊港(泊集落)、続いて白浜港(豊岡集落)に停泊する。

jinoshimakouro

所要時間:

神湊漁港→15分→泊→10分→白浜

時刻表:

便名 行きの船便 帰りの船便
神湊発 白浜発 泊発
第1便  7:45 6:45 6:55
第2便  10:05 8:40 8:50
第3便  12:20 11:30 11:40
第4便  15:10 14:10 14:20
第5便  16:40 15:55 16:05
第6便  18:20 17:30 17:40

運賃(小児半額):

神湊 ←370円→ 泊 ←130円→ 白浜

 |←———–400円———-→|

市営渡船の運行状況は宗像市役所のホームページにリアルタイム表示されています。

市営渡船地島航路

※ 自動車を運ぶフェリーは毎月第2・第4水曜日のみ運航(要予約、泊港には停泊しない)。

駐車場

神湊漁港には有料駐車場があります。約560台収容。

  • 第1駐車場:12時間毎に300円
  • 第2・3駐車場:12時間毎に200円

地島の地図

下図は、福岡県広域地域振興課が作成した地島の観光イラストマップです。

jinoshima-map

地島に関するサイト

宗像観光ガイド 大島・地島エリア

宗像観光協会、宗像市役所による観光ガイド。食事処、釣り船、観光スポット、年中行事、イベントなどの紹介。お隣の大島の旅館や民宿の料金や連絡先の一覧あり。

地島観光マップ

観光協会作成の地島観光イラストマップ(PDF)

ふれあいアイランド 地島(じのしま)

地島のイラストマップ

地島 福岡県の島

地島の旅行記。観光スポットの紹介など。島内の写真多数。

地島の景色と猫たち

Youtubeより

地島ニャン風景(地島の猫たち):音量に注意


空からの宗像市大島・地島(空撮映像):猫はでてきません。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク