江の島の旅行記

シェアする

スポンサーリンク

江ノ島の猫 訪問記

東京から日帰りできる猫の島「江ノ島」に、猫を探しに行ってきました。
江ノ島を訪問した感想は・・・微妙・・・でした。

江ノ島へ

東京から江ノ島への行き方は何通りもありますが、交通費が一番安いのは小田急経由です。
新宿から小田急線で藤沢へ(約1時間)。藤沢からは、せっかくなので江ノ電に乗りました。
江ノ電江ノ島駅からは、観光客相手の店が並ぶ通りを歩いて、江ノ島へ。
以上の行程は、下の組み写真にまとめました。
左上から右下に向かって順に見てください。

tabienoshima1

江ノ島

事前のネット調査で、猫が多いのは、江ノ島の西部の江島神社「奥津宮」のあたりの食堂街であるという情報を得ていました。
海岸から江の島大橋を少し歩いたところに、小さな桟橋があり、江ノ島西岸への渡舟が出ています。これに乗って、江ノ島西部に直行することにしました。

片道400円。5分程度の船の旅です。
海の上は気持ちよく、短い船旅ですが、みなさんかなり楽しんでいました。

tabienoshima2

江ノ島の猫

さて、猫探しですが、・・・苦戦しました。

第一島猫には、比較的簡単に会えました。
船を降りた岩場から、江島神社「奥津宮」に向かって登る急な階段の途中、民家の軒下で寝ていました。

tabienoshima3

この猫、首輪をしていました。

余談ですが、うちの猫はとても聞き分けのよい猫なんですが、首輪だけはどうしてもさせてくれません。野良と間違えられないか心配なので、我慢してほしいところなんですが・・・

tabienoshima4

ここまではまあ順調でした。
が・・・そのあとは一番あてにしていた西岸付近の食堂街で一匹も発見できず。

しばらくあたりを歩きまわってみました。海が見える食堂の横の急な階段を登り(写真右上)、奥津宮でお参りして(同左下)、料亭と見間違いそうな立派な建物の公衆トイレ(同右下)でひとやすみ。

「奥津宮」を過ぎた先の店舗の前で、ようやく第2島猫を発見。

tabienoshima6

これは立派な猫ですね。
身体のボリューム感がすごいです。

tabienoshima7

さて、このあとは、また猫を発見できない状態に陥りました・・・
猫1000匹いるなんて、いったい誰が・・・

島の東岸に行ってみました。
ヨットハーバーが見える丘のうえで、第3島猫を発見。

ヨットハーバーを見下ろす展望休憩所のベンチに置かれた、誰かのディパックの上に乗っかっていました。

tabienoshima8

次いで、東岸方面から「中津宮」に登る階段の途中の民家の塀に、第4島猫を発見。

tabienoshima9

観光客にはうんざりしている様子で、ほとんど相手にされませんでした。

島の中央部の標高の高いところはひととおり探して、もう探すところがなくなってしまいました。
江ノ島の東部には、民家が密集する一角があります。飼い猫を探すために民家の間の細い道を通って、東海岸に下りてみることにしました。

すると・・・「かながわ女性センター」の駐車場付近で、第5島猫を発見。

tabienoshima10

そうこうしているうちに、日が落ちてきました。
まだ第5島猫までしか見つけていないのに・・・

tabienoshima11

下の写真は、波が怖かったのですが、勇気を出して岩場の先端近くまで出て撮りました。

tabienoshima12
あと2歩前にでれば、富士山のシルエットが全部見えたはずです。
しかし、波の迫力に圧倒され、恐ろしくて、できませんでした。

本格的に暗くなってきたので、そろそろ諦めモードです。結局ここまでで、第5島猫までしか発見できていません。

お腹もすいてきたので、なにか食べようと思い、江ノ島で一番賑やかな弁財天仲見世通りに行ってみました。
夜だというのに、この人出です。日曜の原宿竹下通りなみです。

tabienoshima14

ここで、第6島猫を発見。 (写真が暗いので画像補正しているため、背景が白く飛んでいます。)

tabienoshima13

こんなに人がごった返しているところで何をやっているのかと思ったら、通りの工芸品屋さんにトコトコ入って行きました。
自分の巣に帰って、食事中です。
写真の真ん中にある茶色い毛の山が、食事中の第6島猫です。

tabienoshima15

おなかがすいたので何か食べようと思ったのですが、海鮮の定食類は観光地価格で結構高いです。
結局、みたらし団子(一本120円)を食べました。店頭で手焼きしています。まだ温かくて、香ばしさもあって、非常に美味しかったです。

tabienoshima16

そうこうしているうちに真っ暗になってしまったので、諦めて東京に戻ることにしました。

バスに乗ろうと仲見世通りの入口あたりまで出たら、何とここで一気に第7~第10島猫を発見。
仲見世通りに向かって右側のベンチの付近です。

tabienoshima19

tabienoshima18

tabienoshima17

観光地の猫らしく、どの猫も人懐っこいです。
人が座っているベンチに、当たり前のように乗ってきます。

帰路

猫を探しまわって石段を昇り降りしていたので、かなり本格的に疲れました。

帰りは一番楽なルートを選択。
江ノ島の仲見世通り入口にあるバス停から、江ノ電バスの路線バスで藤沢駅に出ました。
藤沢からは小田急の快速急行で新宿まで約1時間。

tabienoshima20

島中を歩きまわって探したのですが、この日に発見できた猫は10匹だけでした。
観光客に邪魔されてゆっくり寝れない道路沿いにはあまり出てこないのでしょうか。
人出の少ない平日に行けば、また違うのかも知れません。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク