猫の譲渡会(里親探しの会)に行ってきました(東京)

シェアする

スポンサーリンク

東京の千代田区役所で2日間にわたって猫イベントが開催されました。2日目の日曜日の午後に保護猫の譲渡会があったので、それにあわせて出かけました。

ちよだ猫まつり

東京都千代田区役所で開催された猫イベントに行ってきました。

ちよだ猫まつり2016 公式HP

chiyodanekomatsuri

主催は「社団法人ちよだニャンとなる会」。千代田区内の野良猫の保護や医療、里親探しなどの活動をおこなっているボランティア団体です。

千代田区は数年前から猫の殺処分ゼロを掲げており、2016年の現在、すでに4年間の殺処分ゼロの実績があるとのこと。ボランティア団体が猫を保護したり、必要な医療措置を施したり、不妊去勢手術をしたりするための費用は区から補助金が出るそうですが、それだけでは足りず、こうしたベントの収益が猫を保護する資金になるそうです。

会場は千代田区役所の一階ロビー。九段下から徒歩数分の千代田区役所は、さすがに立派な建物。白亜の殿堂という風情です。

chiyodanekofes033

一階のロビーでは、主催者「ニャンとなる会」の副代表の方が、会の活動について講演をされていました。

chiyodanekofes015

猫を保護する際の保健所とボランティアの協同関係のお話や、避妊・治療にかかる費用など、お話はとても具体的で、大勢の聴衆が興味深く拝聴していました。

猫まつりのメインイベントは猫グッズの販売です。

chiyodanekofes032

手前にある巨大な猫の頭は売り物ではなく、これをかぶって写真をとるイベントのために用意されているみたいです。

chiyodanekofes028

猫タロットを使った占いや、獣医さんによる猫の健康相談コーナーなどもありました。

保護猫の譲渡会

この日の人気イベントは何と言っても保護猫の譲渡会。里親さがしのイベントです。
エレベーターに乗って4階に上がると、廊下に長い長い行列が続いていました。

chiyodanekofes017

最大2時間待ちだったそうですが、わたしはさいわい40分ほどの待ち時間で会場に入ることができました。会場は入れ替え制で、猫との対面時間は15分です。

chiyodanekofes026

入場制限をしているので会場内は混雑しておらず、じっくり猫と対面できます。

日本人は猫や犬を飼うときに子猫や子犬から飼うことを希望する傾向があるそうです。企業が新卒採用を偏重するのと同じ原理でしょうか?

しかし、保護猫は成猫が多いです。この日も、子猫は数匹のみでした。3ヵ月が一匹と、8か月が数匹。あとは成猫です。

Youtubeの「猫を拾ってきた」みたいな動画を見ればよくわかりますが、野良猫出身の成猫でも、時間をかければ人に懐きます。もともと人に懐きやすい動物ですからね。

出身は野良猫でも、ノミの駆除やワクチン接種など手厚く施されて綺麗になった猫たちです。

chiyodanekofes020

ただの三毛猫でも、こうして綺麗にしてあると、豪華に見えますね。

chiyodanekofes019

この2匹のキジトラは2匹一緒に飼うことが譲渡条件になっていました。どちらも生後8か月。

chiyodanekofes021

こちらもキジトラ。まだ小さいですね。

chiyodanekofes022

すべてが野良猫出身というわけではなく、なかには多頭飼いが崩壊した家から救出された猫もいるそうです。

こちらのキジトラは、大けがをして保護され、ここまで回復したとのこと。

chiyodanekofes024

そして、さすがに千代田区というべきか、外国の血が入っていそうな猫もちらほら。誰かが「千代田区は野良猫も高級っぽいね」なんて話していました。

chiyodanekofes018

chiyodanekofes025

猫の譲渡条件

譲渡会では、里親になるご家庭に条件を付していました(ニャンとなる会HPより)。

  • ペット飼育可の住宅に住んでいること。
  • 完全室内飼育
  • リードを付けての散歩をしないこと。
  • 必要に応じて住宅に脱走防止策を施すこと。
  • 定期的に健康診断を受けさせること。
  • 終生愛情を持って家族として迎えること。
  • 人間の食べ物を与えずに、プレミアムフードで健康管理すること。
  • 先住猫がいる場合は不妊去勢手術済みであること。

人間と猫とのこれまでの長いかかわりを思えば、どうなんだろうと思う条件もあったりしますが、「東京で猫を飼う」という前提条件、そして「自分では要求できない猫にかわって条件を付けてあげなければならない」という立場のもとでは、こういった要望も致し方ないことなんでしょうね。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク