青島 (愛媛県)の概要

シェアする

スポンサーリンク

青島の概要


大きな地図で見る

概要

所在地 : 愛媛県大洲市

面積  : 0.49k㎡

人口  : 16人

猫   : 100匹以上

青島は東京ドームとほぼ同じ面積の小さな島です。島の殆どは山なので、港の周囲のわずかな平地に住戸が密集しています。

aoshima-gaiyo5

良好な漁場があるため、かつては800人を超える人が暮らし、島内に小中学校もありました。しかし現在の人口は十数人。お年寄りばかりです。

2000年頃から猫が繁殖を始めました。あれよあれよという間に増えていき、今では集落内に約100匹の猫が生息しています。

aoshima-gaiyo1

2014年秋頃、群がる猫の写真がメディアで紹介されて話題となり、猫を目当てに大勢の観光客がやってくるようになりました。

aoshima-gaiyo3

猫は狭い集落のなかに密集して暮らしています。

aoshima-gaiyo2

エサは、基本的には島民が面倒をみています。その意味では青島の猫たちはいわゆる地域猫的な存在と言えます。

aoshima-gaiyo6

住人はお年寄りばかりなので、増えすぎた猫のエサ代が負担になっていたようです。しかし、昨今は大勢訪れる観光客が餌やりをしているほか、テレビで窮状が紹介されたことで全国からエサが送付され、また、募金も徐々に集まりつつあり、猫たちの食料はとりあえず確保できているようです。

aoshima-cats116

その他の猫たちの写真や動画は、別記事にまとめました。

⇒ 青島の猫たち

青島の場所・地図

青島のGoogle mapです。

行き方・交通アクセス

青島へは、大洲市長浜の長浜港から連絡船が就航しています(1日2便)。
長浜港の最寄駅はJR伊予長浜駅。JR松山駅から予讃線で約70分(760円)。

伊予長浜駅でJRを降りたら、長浜港までは徒歩2分。自動車で行くなら船着場の目の前に無料駐車場があります。

iyonagahama-port-parking3

長浜港から連絡船「あおしま」(1日2往復)に乗船し、約35分で青島港に着きます(片道680円)。

aoshima-gaiyo7

定期旅客船「あおしま」 (→時刻表

便 長浜港発 青島港着 青島港発 長浜港着
1便 08:00 08:35 08:45 09:20
2便 14:30 15:05 16:15 16:50

旅程案を考えました

松山から行く場合は、JR松山駅を朝6:04の予讃線に乗ると、伊予長浜に7:17に着くので、8時出航の午前便のフェリーに間に合います。

⇒ JR時刻検索(松山→伊予長浜)

フェリーが1日2便しかないため旅程の選択肢は少ないです。下記の旅程案2か3が無難なスケジュールと思われます。おすすめは青島での滞在時間が長い旅程案3です。

旅程案1 午前便で往復

午前便は青島に10分しか停泊しないため、午前便で往復すると島で猫と遊ぶ時間はありません。

行き 長浜港 8:00 → 青島 8:35
青島に10分滞在
帰り 青島 8:45 → 長浜港 9:20

旅程案2 午後便で往復

午後便は青島に70分間停泊します。

行き 長浜港 14:30 → 青島 8:35
青島に70分滞在
帰り 青島16:15 → 長浜港15:05

猫がいるのは港付近の狭いエリアなので70分あれば散策可能ですが、写真をたくさん撮りたいとか、猫とゆっくり遊びたい方は、次の旅程案3をおすすめします。

旅程案3 行きは午前便、帰りは午後便

朝8時の午前便で青島に渡り、帰りは午後便で戻ってくれば、青島に8時間近く滞在できます。

行き 長浜港 8:00 → 青島 8:35
青島に7時間40分滞在
帰り 青島16:15 → 長浜港15:05

青島にはコンビニはもちろん簡単な売店も自動販売機もないので、一日分の食料と飲み物を持参してください。

この旅程でも、松山から日帰り可能です。

わたしは、この旅程3で青島を訪問しました。詳しくは旅行記を参照してください。

⇒ 猫の島「青島」- 行き方、アクセス編

追記:最近は混雑がひどいようです

テレビで何度も紹介されたせいで、青島へのフェリーが混みあっています。とくに午後便は定員オーバーで乗船できない可能性があります。

大洲市のサイトにはこんな風に書いてあります。

土日には定員を超えるため乗船をお断りしなければならない場合があります。大変恐れ入りますが、空いている1便目をご利用いただくか、2便目であれば早めに到着し乗船手続きをしていただくか、また可能であれば、平日の乗船もご検討いただきますようお願いします。

2便目の青島からの帰りの定員を超えないようにするため、2便目の青島行きは、定員から1便目でいかれた人数を差し引いてご乗船いただいております。

こうなると、2便目は定員オーバーで乗れない可能性が大きくなります。確実に青島に行きたいなら、朝から並んで第1便(午前便)に乗るようにしたほうがよいと思います。

aoshima-access125

伊予長浜に前泊するなら民宿へ

これだけ有名になってしまうと、朝イチの電車で松山から伊予長浜に駆けつけても、定員オーバーで船に乗れない可能性がでてきます。

遠方からわざわざ行くなら、伊予長浜に前泊して、松山からの電車が伊予長浜駅に到着する7時17分より早くフェリーのりばに並んだほうがよいかも知れません。伊予長浜の港の近くに民宿が一件あります。

民宿 「漁亭」
愛媛県大洲市長浜甲623(地図
電話:(0893)52-1471

gyotei-photo

素泊り 4500円
朝食付 5000円

この民宿の宿泊体験記は別記事に書いておいたので、そちらを参照してください。

⇒ 青島への旅(その2)宿泊、買い物など

青島のイラストマップ

大洲市のホームページに掲載されている青島のイラストマップです。イラストマップとは言っても、何もない青島なので、実にあっさりした地図になっています。クリックで拡大します。

aoshimamap

青島には、商店はもちろん、自動販売機もありません。飲食物は船に乗る前に長浜町のコンビニなどで買って持参する必要があります。詳しくは下記のリンクで紹介しているわたしの旅行記を参照してください。

なお、トイレは桟橋の近くにあります。

青島の猫 関連サイトの紹介

青島の猫たち

青島の猫たちを写真と動画で紹介します。

猫の島「青島」 – 行き方、アクセス編

JR松山駅から鉄道と船を使って青島までのルートを説明します。わたしの旅行記です。

青島への旅(その2)宿泊、買い物など

青島訪問のベースになる長浜町での宿泊や買い物についてレポートします。

定期旅客船「あおしま」時刻表及びアクセス

大洲市の公式サイトにある、青島へのアクセス方法や島を訪問する人への注意点を記したページ。

民宿「漁亭」

伊予長浜港に近い民宿「漁亭」のホームページ。

青島の猫たち

青島に上陸。フェリーを出迎える猫たち。


青島の解説。地図。猫たちの写真。

青島の猫たちのスライドショー

港に群がる青島の猫たち。青島の街並みなど。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク